プロフィール05 カメラマン編③ ~激動の写真事務所移籍、涙の特訓~

Pocket

fichiです。

夫のmasaは、

カメラマン知人でした。

個人写真事務所を立ち上げ、事務員さん一人を雇い、それこそ寝る暇もないぐらい日々に追われて仕事していました。

直前にカメラマンが欠け、携帯電話帳に載っているカメラマンを片っ端から問い合わせ、

最後の最後、

この人はないよなぁ、という最後の問い合わせ先が、

私でした( ´ ▽ ` )

勿論!と安易にお請けしてからが、

いや、もう、

室長のガッチョーんな表情なんぞ軽いぐらいのレベルでした。

私の撮影の技術が、桁違いに酷かったです。

コミュケーションの取り方も、

穴があったら入って引きこもりたいぐらいです。

当時の私は相手を見ないで、

イケイケゴーゴー!でノリだけでグイグイ迫っていたのです。

masaも、酷いものを見た、な印象だったでしょう。

同年代でこれだけ違うことに、危機感Maxになりました。

毎日のように、

masaの写真事務所に行きました。

彼にしてみたら、

どうして、写真技術がないのか。

どうして、相手を見ないのか、が不思議で仕方なかったようです。

カミングアウトしました。

涙のカミングアウトです。

そうしたら、

取引先にも私の難聴の状態を伝え、

いいものを持っているから、と時には頭を下げてくれたりして、

私の撮影技術向上、丁寧な接客、コミュケーション能力の向上していくにつれ、

取引先の小学校、ブライダルプランナー会社の方々に認めてもらえるようになりました。

masaが、私がどうしたら力を発揮出来るのか、とにかく悩みながら一生懸命に考えてくれたのです。

あまりに酷くて、

事務員さんが、あの娘はもう来ないかも、、と思う状態もありました。

それでも、

次の日にも事務所に行きました。

私には後がない。

これで辞めたら、なんのためにカメラを持っているのか。

シティハンターのXWZです。

事務所のスタジオや、事務員さんを連れ出して近くの公園でポートレート特訓。

それは、

光の読み方、

被写体への声のかけ方、

レンズの選び方。

全ての撮影の基本は、

ポートレートでした。

小学校の撮影も、

ブライダルの撮影も、

相手は人間です。

基本が出来てないと、どうしたってパワーのない写真になります。

カミングアウトして、

自分を出してから、

ようやく写真で生きているという人生になりました。

masaと結婚してからも、

かなり色々な問題が起きました。

それでも、

二人で一生懸命に考えました。

そんな中、

私は身体を壊しました。

カメラ転売編①~ネットビジネス開始編~に続きます。

RETURN TOP

fichiですねん

fichiのプロフィール

名前:fichi
年齢:42才
出身:神戸に生まれ、大阪で育つ
職業:フォトグラファー

難聴で、
2児のママ

売れっ子カメラマンゆえ、
連日の撮影に無理が祟り、
身体もココロも壊しましたんで
一度、カメラマンをお休み。

お休みしている間にカメラ転売を始めたら
いい感じに稼げるようになっちゃいました。

ココロが復活、
復活したんで
現場にも復活

カメラ転売も、現場撮影も楽しい♫・:*+.\(( °ω° ))/.:+


フォトグラファー辞めて、ブロガーで稼ぐ!と宣言してから、

稼げないから、FXやる!!と夫に10万借りて始めてから

出来なーい
稼げなーい
と、フェードアウトしちゃう。。。

すみません。。

結果オーライ、楽しく生きましょう

そんな平成無責任女fichiのブログにようこそ♫

クリックしていただけたら嬉しいですー・:*+.\(( °ω° ))/.:+